かながわ経済新聞8月号に掲載されました。

2015年8月に発刊されてます「かながわ経済新聞」に

太陽住建が「屋根貸しマッチング」のビジネスモデル普及を

進めている事から取り上げていただきました。

かながわ経済新聞

 福島第1原発の事故以来、太陽光などの再生エネルギーに対するニーズが高まっているものの、設置場所は、土地代が安い地方に集中している。

そこで、都心での太陽光発電の普及策として、神奈川県がビルやマンションの「屋根貸し」を進めているが、企業の参入例は少ない。
太陽住建では、神奈川県内での「屋根貸し」普及策として、今回のビジネスモデルを考案。今後は施工件数を増やしていく。

具体的なビジネスモデルとしては、ビルオーナーから屋根を無償で借りる代わりに、当社が得意とする建物の一般防水工事を半額で提供する。

そして、屋根に太陽光パネルを取り付け、購入者を探す。購入者は発電した電気を東京電力に販売することで収入が得られる。システム点検は10年間、当社が無償で実施。

「全関係者がハッピーになれるビジネスモデルです。」

 屋上を活用した太陽光発電新ビジネスモデルのお問合わせ