電力自由化で何か変わるのでしょうか?

自由化が行われることで市場競争が進み、電気料金プランやサービスの多様化が考えられます。

一般家庭では、地域ごとに決められた一般電気事業者から電気を購入することになっていますが、「特定規模電気事業者」と呼ばれる電力会社からも購入できるようになります。

特定規模電気事業者からすると大口需要家と呼ばれる契約電力50kW以上の工場、オフィスなどに限られていた電気の販売先が、一般家庭まで広がることになるため、企業の新規参入が進むと予想されています。