モジュールマキシマイザーとは?

モジュール毎の可視化と機会損失の減少を可能にした
画期的な監視システムです。

タイゴエナジーマキシマイザーシステムは、大型発電所、産業用設備や住宅のPVシステムの発電量を増加し、管理を積極的に行い、安全性を強化します。

タイゴエナジーの革新的ハードウエアとソフトウエアの統合は、業界最先端の低コスト、高効率、信頼性を実現し、太陽発電システムの出力を約20%増加し、モジュール段階での監視と管理を行い、モジュール毎の切断機能により安全性を高めます。
柔軟な構成により、現存の全ての標準モジュールやインバータとの互換性を保ちます。

他社の監視システムより優れている3つの理由

・モジュール毎ごとの監視が可能

モジュールの異常があった時に、多くの監視システムではモジュール1枚単位までの監視はできませんので該当するであろうストリング(太陽電池モジュールを複数枚直列に接続したもの)のパネルを1枚1枚調べる必要がありました。

また、天候や影の影響を受けやすい太陽光発電にとって、ストリングの中で1~2枚不良が起こっても発電量を見ただけでは中々判断しづらいという現状もありました。それはそのまま機会損失という形で即、売電にも影響してきます。

このマキシマイザーは、設置する事によってパネル1枚1枚の監視を可能にする事ができました。これによりピンポイントでのパネル不良の発見と早期修理、交換を可能にし早期対応による売電に対する機会損失を防ぐ事ができます。

・全体の出力の最適化

太陽光発電パネルは乾電池と同じように直列に繋がっています。
しかし、1枚のパネルの出力が何らかのキッカケで衰えたら、そのパネルの発電量が
低下するだけではなくストリング全体の出力が引きずり落とされてしまいます。

その時、各太陽光パネルに並列に接続してあるマキシマイザーが駆動し出力低下したパネルはそのままにし正常なパネルにバイパスしながら追加電流をそのストリングに流します。そうする事によって他の正常なパネルの出力を低下させる事なくストリング全体の出力を最適化します。

・高度な安全性機能「PV-SAFE」

太陽光発電は外部から発電を遮断できない?
太陽光パネルは光があれば勝手に発電を開始します。
万が一火災が起きた時に発電している太陽光パネルに水をかければ感電の可能性は多く消防士が感電した実例もあります。

高度な安全性機能「PV-SAFE」
・PV-SAFEモードがONになると電源出力が太陽光パネルの接続から切断されゼロになります。 この機能は緊急時や定期保守にも使用できます。

・この監視システムはパネルの異常(過剰な電圧・電流・温度)を常に監視をしており安全上の問題があれば検知され自動的にPV-SAFEモードになり電源が遮断されます。