「全量買取制度」とは何ですか?

太陽光発電システムを設置された方は発電した電気を売る事が出来ます。
「全量買取制度」とは自分の家や施設で使った電気とは関係なく
太陽光パネルで発電した電気を全て電力会社に買い取ってもらう制度です。

この制度が適用されるのは、太陽光発電システム容量が10kW以上である事が条件です。

また、その年に決まった売電単価を20年間固定で買取ってくれます。

≫ 余剰電力買取制度とは
太陽光発電補助金