BCP(事業継続計画)

BCPとは

Business Continuity Plan(事業継続計画)の略で、事業活動を阻害する事態(災害や大事故など)の際、重要業務を長期間中断させないで済むよう事前に対応策を決めておく計画のことです。

BCP策定により、緊急事態発生時においても重要業務の中断回避あるいは早期復旧が可能となり、顧客及びマーケットシェアの確保や信頼性向上など、企業価値向上につながる様々なメリットがあります。

東日本大震災では多くの企業が倒産や事業の縮小などに追い込まれました。また、直接の地震被害を受けていない会社でも、サプライチェーン(全工程までの会社間の役割分担や繋がり)の影響で倒産してしまった二次的被害も目立ちました。

太陽住建でも万が一の事故や災害に備えBCP策定に取組み、社員一同が非常時に素早く対応できる様に役割分担を明確にし、社員と社員の家族、お客様への被害を最小限にし、会社を守る取組みをしています。

動画でわかるBCP

日本商工会議所のホームページにBCPの必要性を分かりやすく紹介する動画が公開されています。
是非、ご覧下さい。

(1) 50秒で学べるBCP 【約50秒】 
「BCPの必要性」についてポイントを絞り紹介しています。

(2) いざという時に会社を守る!BCPの必要性 【約8分】 
コメディタッチの寸劇でBCPの必要性を解説します。
「うちみたいな中小企業にはBCPに取り組む余裕がない」
「うちみたいな中小企業でもBCPを作れるのか…」と考えている経営者に、
わかりやすい表現でBCP策定の重要ポイントを解説しています。

bcp

ソーラーガーデンのご相談・お問い合わせ